鳩ヶ湯日誌2017
2017/05/25new

まっぷる 日帰り温泉 東海・北陸・信州


昭文社のまっぷる 日帰り温泉 東海・北陸・信州版 雑誌117ページに掲載して頂きました


2017/05/22new

三ノ峰にお爺さんの雪形が現れました

杖をついたお爺さんの雪形が見えるようになりました
日々お爺さんが痩せていきます
三ノ峰のお爺さんにお願いごとあったら早めにしましょう

2017/04/15

連休前の開業に向け急ピッチで除雪作業


4月14日 鳩ケ湯にローターリー除雪車登場
駐車場の除雪作業 屋根から落ちた雪はまだ2m以上あります。


お疲れ様でした 仕事を終えたお兄さんは遠くに見える三ノ峰方向へ
かっこよく帰って行った。
2017/02/20

鳩ケ湯まで雪下ろしに行きました。  2017年2月14日〜15日


ここがゲートです。    ここまでは車でこれます。
黄色と黒の遮断機のようなポールが普段は降りていますが降雪のため上がっています。
これより鳩ケ湯まで10kmほどをテレマークスキーで行きます。
幸い前日に上打波の実家の雪下ろしをされた方が、スノーモービルで3時間かかったそうで、
踏み固まったところを6kmほどは比較的楽に行けます。

スノーシェッドを行くときは面倒でもスキーを外します。

こちらのスノーシェッドは蟹歩きで通過しました。

鉄橋を渡ります、欄干の上まで積雪がありうっかりすると川に落ちます。

このスタイルで行きます、ザックの荷も重いので疲れます。

上打波の集落までは雪崩が多く、道路がすっかり埋まっています。

打波川の景色は良いが、この雪崩跡を通過するのが大変です。

上打波の集落に到着

この橋も欄干の上まで積もっています、かまぼこの上を渡るようなかんじで行きます。

いのししが歩いていました。

きつねさんとも遭遇  自然がいっぱいの風景です。

中村口のバス停が埋まってます。 この先3kmほど深雪を登っていきます。

県道173号線 木も倒れてます。 迂回して行きます。

雪が降ってきました、私のスキーの跡

打波川の景色は最高!

鳩ケ湯到着です。  4時間45分程かかりました。
新館の正面は雪が落ちて安心です。

大正の旧館も大木の関係で1部残っていますが安心です。

厨房とお風呂の屋根はしっかり積もっていました。

15日朝  昨日ここまで下しました、屋根に道具が乗ったまま、もっと下します。

朝、橋の上から撮ってみました。   右のトイレの屋根も積もってます。

この写真が1月28日の撮影  鳩ケ湯のバス停看板が見えます   下が2月15日の写真

このスキー板で来ました、板と板の間にぽっこりふくれている雪の下が
鳩ケ湯のバス停看板です(完全に埋もれています)

厨房の裏屋根です、昨日頑張って下しましたが、まだいっぱい残っています。
10時半ごろには、岡さんが応援に来てくれますのですべて下します。

お風呂の屋根も雪で重そうです。

本館の裏側です、両サイドの屋根から落ちた雪が土砂崩れのように溜まっています。

岡さんの協力で厨房もお風呂もきれいに雪下ろし完了で帰ります。

鳩ケ湯横の橋です、しっかり積もっています、天気良ければ三ノ峰が見えます。

ここにこないと見れない打波川の景色

雪崩を気にしながら、早く帰りたいが疲労がいっぱいです。

雪で木が折れ電話線が切れそうです。  NTTさん仕事できましたよ。

雪崩のところを通るときは右の2本がスキーの跡、このようにトラバースして行きます。
4時ごろ無事ゲートに到着  雪下ろし業務終了
来シーズン、冬の雪下しにスノーシュなどでで行って頂ける方募集中です。
メニューまたは、下のリンクから年ごとの日誌をご覧いただけます。
2015年 2014年

2015年9月20日2015年9月20日営業再開です!



過去の日誌


2013年までご家族で経営されていたときの鳩ヶ湯温泉と周囲の様子をご覧いただけます。
メニューまたは、下のリンクから各年を選んでください。

2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年